風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイリスの決断

WPW症候群、聞きなれないこの病名がアイリスの心臓疾患の名前だった。

アイリスが生まれた翌日、小児科の若い医師から、心雑音がある事を知らされた。
『お母さん、赤ちゃんの心音に異常があります。心臓に重大な異常があるかも知れません。詳しく調べて見なければ判らないのですが、ファロー四徴症という重い病気の可能性もあります。この場合、早急に手術をしなければなりません…』
医師は詳しく説明してくれたが、わたしは、先天性の心臓病という言葉に取り乱してしまった。
心臓病?ファロー四徴症?手術?先生は何を言っているの?
涙が止まらない…
長男のときも、長女のときも、いろいろあって出産後に入院したりと大変だったけれど、何とか乗り越えてきた。でも、今度ばかりは、心臓だなんて、どうしよう。
不安で、悲しくて、心配で、わたしはその晩から、高熱を出して寝込んでしまった。
婦長さんは、『出産直後のお母さんに、こんな話をいきなり聞かせるなんて、非常識です。まず、ご家族に話すべきです。』と、若い医師に抗議してくれた。
そして、わたしに、『お母さんがしっかりしなくては駄目よ。あなたが元気にならなければ赤ちゃんは育ちませんよ。まず、ご飯をちゃんと食べること、早く元気になって、赤ちゃんに母乳をたくさん飲ませてあげなくちゃ…』と、優しく励ましてくれた。

幸い、ファロー四徴症という、重い病気ではなく、心室中隔欠損という病気であることがわかった。心室の壁に穴が開いていて、1歳までにその穴が、自然に塞がらなければ、4~5才までの間に手術が必要になるとの事だった。
アイリスは生まれてすぐに、母乳と一緒に薬を飲み続けなければならなかったけれど、すくすくと育った。1歳では、穴は塞がらなくて、手術を覚悟していたけれど、奇跡的に2歳で、その穴もピンホールぐらいに塞がったのだった。本当にありがたいことだった。

小学校5年生になった時、アイリスは、運動会の練習中に頻脈発作に襲われた。
苦しくてどうして良いかわからずに泣き出してしまったという。
中学1年生の時、WPW症候群という病名を告げられた。
心臓専門の病院で検査をしてもらい、命に別状はないものの、一生、この発作は付きまとうものだと知らされた。そして、カテーテルによる手術で99%完治することも判った。
その手術は、足と首の動脈と静脈から、カテーテルという細い管を入れて、心臓にある先天的な副伝導路を探して高温の電波でその回路を焼き切るというものだった。
聞いただけでも恐ろしく感じ、わたしには、手術をさせる踏ん切りがつかなかった。
頻脈発作は年に数回、起こるくらいだったので、そんなに緊急を要するという事でもなかったのだった。

最近、雨の八ヶ岳山行の時、とても長い頻脈発作が起きた。
その時、アイリスの心の中である決心が固まったのだと思う。
心臓外科の診察を受け、次回手術の説明があるから一緒に行って欲しいといわれた。
心配するわたしに、アイリスはきっぱりと言った。
『わたしも、どうしようかすごく迷ったんだけれど、今がチャンスかなと思ったの。
いつか、わたしも結婚して、子供を生むと思うの。その時、不安なく出産したいし、母親になったら、強い母になって、子供を守ってあげなければいけないと思うの。体が弱かったら、やっぱり、いろんな事を乗り越えていけないもの。』
知らぬ間に、そんな風に考える大人の女性になったんだなぁと思いながら、わたしは言葉を繋いだ。
「そうね。あなたがそう思うのなら、今がチャンスなのかも知れないわね。丈夫な体になたら、今まで出来なかった事にも、積極的に挑戦できるかもしれないね…」
アイリスは、1月いっぱいで今の仕事を止め、手術をして少し療養したら、新しい仕事を探すつもりだと言った。
『年も新しい年に変わるし、手術して、新しい丈夫な心臓を手に入れたら、新しい職場を探して頑張ってみる。前に進まなくっちゃね。もう、振り返らないって決めたんだ。』アイリスは、そう言って笑った。

いままでのアイリスの人生は、けして平坦な道のりではなかったけれど、そんな試練が、泣き虫で、臆病だったあなたを、いつの間にか、こんなに強くしてくれたんだね。
あなたは、まだまだ若い。いろんな可能性を秘めている。
あなたの夢を追い求めていって欲しいと思う。そのためにも、今、丈夫な体を手に入れることは大切なことなんだね。わたしは、そう、心の中でつぶやいた。

がんばってね…負けない勇気だよ。

最後に咲いた花は、一番美しいというよ…
IMG_2854.jpg
スポンサーサイト

« さようなら、2007|Top|週末の森から »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/234-970a0bf3

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。