FC2ブログ

風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩の世界に

移り往く季節の中で、さまざまな色を内包した季節は秋かも知れないと思った。
木々の葉の彩りひとつをとっても、1枚として同じ色はない。
水の色も、空の色も刻々と変化していく。
こうして毎年、毎年、移り行く季節を過してきたのに、今年ほど身近な秋を美しいと思った年はなかった。
今までわたしは何を見てきたのだろう…
今週も、やはり紅葉が見てみたくて、いろいろ迷ったけれど名栗へと出かけたいと思った。
春先にハナネコノメやスミレやカタクリを探して何度も歩いたウノタワの秋を見てみたいとずっと思っていたからだ。
でも、きりがないのかな…わたしって欲張りなのかな…
もう、十分に今年は紅葉を楽しんだはずなのにネ
『また行くのか?遊んでばかりいて、いったい何をしに行くんだ!』
そんな言葉が胸に突き刺さる。
家族はみんな仕事に出かけた土曜日だった。洗濯物を干しながらベランダから娘に、「いってらっしゃい!気をつけてね」と声をかけた。
『おかあさん、お弁当ありがとう。いいお天気だから山に行っておいでよ』と、娘が笑顔で手を振った。
「ありがとう、行って来るね。早く帰ってくるからね」わたしも笑顔になって手を振った。
娘に背中を押してもらった。
屋根の向こうでジョウビタキがヒッツ、ヒッツと囀っている爽やかな朝だった。

名栗まで向かう途中、余りにも美しい紅葉に目を見張る。
里山は、艶やかな黄色や橙色や茶色の紅葉で燃えるようだった。
空は明るく澄んで、白い雲が真綿のように浮かんでいる。
IMG_2046.jpg

カエデは今が盛りと枝を揺らしながら私を呼び止める。
ああ、どうしてこんなに綺麗に染まるのだろう…
誰かが言っていたけれど、木々はこの一年間の証に、美しく最後の彩りに燃えるのだと。
こころを伝えてる。そう、きっと、カエデはこころを伝えてるんだね。
IMG_2060.jpg

柔らかなオレンジ色の葉が、重なり合って更に美しいグラデーション。
朝の光に透けて綺麗…
「ほんとうに綺麗だよ。」と、つい話しかける。
IMG_2073.jpg

銀杏の葉は、一点のくすみも無い、澄んだ黄色に輝いて青い空に何処までも枝葉を伸ばしている。
きっと、金糸雀色(カナリア色)ってこんな色を言うんだと思った。
IMG_2035.jpg

散り敷いた銀杏の葉に、ひとひらの楓の葉
そっと、ひっそりと寄り添っているようで…
足を止め、見つめてしまった。
IMG_2021.jpg


小さな神社の土手の上にには見事なカエデの巨木が、その枝を柳のようにしなやかに垂らせていた。
さざめく紅いの葉は、星の川のよう…
あまりに美しくて思わずその木の下へと吸い寄せられるように佇んだ。

さわさわと揺れる星屑たち。何かを囁いているようで、
耳をそっと澄ませて、見えない声を聞き、見えない夢を見る。
想いの色って、こんな色かしら?
IMG_2090.jpg

IMG_2096.jpg

狭い境内の周りはカエデの木々に囲まれて、その空間は、明るい色彩の洪水のよう・・・
キラキラと虹色の光の子どもたちが遊んでいるの。
木洩れ日の欠片が、お堂の床を流れるように浮かんでは消える。
とっても静か、
IMG_2125.jpg

こんなに美しいシーンに誰もいないなんて・・・
IMG_2152.jpg

黄色いカエデは、イタヤメイゲツって言うカエデかしら?
まるで、黄色い星のよう
IMG_2137.jpg


IMG_2100.jpg

オレンジ色の星
きれいな蜜柑色って、可愛いね。わたしはこの色が好きかも。
IMG_2165.jpg


風も無いのに、さらさらと後から後から銀杏の葉が降ってくる。
美しい季節に、惜しげもなく潔く散り往く葉…
わたしは、見上げて、そしていつしか頭を垂れてその葉をこの身に受けていた。
早春に芽吹き、新緑に萌え、緑陰の夏を越え、錦秋の彩りに精一杯輝いて落葉の時を迎える。
そして、やがて土に還っていく。
IMG_2180.jpg


木々の四季を想う時、人の一生に重ねて見てしまう。
この透明な秋のどこかに、懐かしい、優しい人の面影を探してしまう。
そして、ふと見上げると向かいの山に佇む、白衣の観音さまが目に入って、小さく胸が高鳴ってしまった。
往く秋…
今秋、お母様を看取ったMさんの心境も同じかも知れないと思った。
IMG_2083.jpg


美しい楓に想いを残しつつ、参道の石段を降りようとしてハッとした。
誰が作った訳でもないのに、何て美しいのだろう…
色とりどりに散り敷いた落葉が、まるで小紋の反物を敷き詰めたように石段の上に散っていた。
静かで清浄な秋の日に、溢れんばかりの色彩の風景があった。
いま、この時に居合わせている事のしあわせと巡り逢わせを思うのだった。
わたしは美しいこの瞬間を、永遠に心に刻んでおきたいと思った。
IMG_2183.jpg

スポンサーサイト

« PC故障|Top|遠くで汽笛を聞きながら »

コメント

紅葉綺麗です

sizukuさんお早う。そう何だかわからないが、無性に出かけたくなるのです。綺麗な紅葉、わびしい落ち葉、去り行く秋に何かまだ見ていない(会えていない)という思い・・・。
しかし、今は一人では出かけられない現実があります。カメラも小型にしてね。追い討ちをかけるように筋肉痛に。何かと辛抱しています。

ジークさんへ

ジークさん、いつもご覧頂きましてありがとうございます。
ジークさんも同じですか?秋は想いを募らせますネ。
腰痛はいかがでしょうか?早く良くなるといいですね。
遠出は難しいかも知れませんが、奥多摩あたりでしたら大丈夫でしょうか?今度はもっとのんびりと、過ぎ行く季節でも探しに行きましょう。体調を整えて、又、いらして下さいネ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/225-3715c119

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。