風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くで汽笛を聞きながら

そう言えば、先日の秩父散策で書き忘れた事があった。
秋色の野辺を歩いている時、遠くで汽笛の音がした。
ポォー・・・・・ポォー・・・・・ポォー・・・・・
甲高くも無く、そんなに大きくもない、どこか遠い線路を走っている音だった。
でも、胸の奥に染み入るようなはっきりとした音で、響いてきた。
わたしたちは、『あっ!SLだよ!』と顔を見合わせた。
なぜだろう、胸の奥の懐かしい心の故郷を呼び覚まされるような気がした。
わたしはもちろん、娘のアイリスも、SLが走っていた時代を知ってはいないはずなのに、とても懐かしく温もりを持った原風景として脳裏に鮮やかに浮かぶのだった。
「なんていい音かしら…この風景に溶け込んでいるね。」
『おかあさん、写真に撮りたかったんでしょう?ゴメンね』とアイリスが言った。
「いいえ、写真なら前に撮ったからいいわ。それよりも、姿が見えなくってもちゃんと走っている姿が目に浮かぶよね。遠くで汽笛を聞きながらっていう歌が昔あったけれど、そんな感じ。いいなぁ。。。この音。そう思わない?」と言うと、アイリスもうなずいた。

遠くを走るSLの音が聞こえる街っていいね。
逢おうと思って逢えた時間じゃなく、思いがけない何気ない出会いだった。
上手く言えないけれど、とっても素敵な空気感と、まるでタイムスリップしたかのような時間軸を聴覚で感じ取った瞬間だった気がする。
これからもアイリスとの旅が、そんな不思議で暖かな瞬間を探せる旅になるといいな。
IMG_1457.jpg


IMG_1460.jpg

スポンサーサイト

« 色彩の世界に|Top|キャメルの森 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シークレットさんへ

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
ついつい、夜遅くなってしまってご心配お掛けしてます。
日々、せわしなくていけませんね。
寝不足はお肌にも悪いので、早く休むように気をつけますね~♪
シークレットさんも、お体ご自愛くださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/224-809fb8e7

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。