風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎ行く美しい季節に

ちょうど、秋の彩りのただ中に、奥多摩を歩いた。
多摩川べりのカエデやケヤキやイチョウなどの彩りも艶やかに
山深い奥多摩の渓谷は燃えていた。
もう一度、金袋山へのコースを確かめたくて、日原へと向かった。
日原が近づくほどに、木々の紅葉は輝きを増していく。
微妙なオレンジ色に燃えているのはメサテコイヤの木だろうか。
IMG_1174.jpg

日原渓谷沿いも美しい紅葉
IMG_1141.jpg

カエデも燃えてる
IMG_1246.jpg

稲村岩の向こうの斜面に陽が射すと、まるでお花畑のようにそこだけがやわらかな色彩になるIMG_1178.jpg

カーブミラーも秋色の中
IMG_1244.jpg

渓谷から吹き上がる風に、落葉たちは散らずに、谷底から空へと舞い上がって行く…不思議な光景、まるで、もう一度旅に出るみたいね。
北の国へと旅立っていくの?
IMG_1206.jpg

綺麗な葉を拾い上げて並べてみる…
ア・イ・シ・テ・ルのサイン~♪ 未来予想図みたいネ(^^ゞ
IMG_1221.jpg

家の庭の小菊…
IMG_1116.jpg

落葉の小道に揺れるコムラサキ…
IMG_1086.jpg

何の実かな、小鳥が食べそうな赤い実…
IMG_1237.jpg


やっぱり…この場所に立つ
IMG_1265.jpg

森の中は錦秋の道
IMG_1319.jpg

燕岩の岩壁を眺めつつ…
IMG_1283.jpg

メグスリノキの紅葉
IMG_1275.jpg

ブナの黄葉…
IMG_1296.jpg

今日はあそこに登りたい
IMG_1305.jpg

急登を這うように登るごとに、色鮮やかな森が癒してくれる
IMG_1333.jpg

見上げてはため息
IMG_1340.jpg

そして、登っては見上げて

IMG_1367.jpg

色鮮やかなカエデたち
IMG_1329.jpg

燃えてるみたい
IMG_1391.jpg


IMG_1439.jpg

とても大きなメグスリノキが、見事に色づいていた。
サーモンピンクの美しいグラデーション…
この木のことを教えてくれた人のことを思い出す。
「綺麗ですよ…ほんとうに…」
きっと、言葉なんかいらないね。
IMG_1418.jpg

IMG_1426.jpg

青空から零れ落ちる秋の陽射しに透けて輝く
ここで、お昼にしよう・・・

IMG_1422.jpg


枯れ葉の上に寝転んで見上げる空は、サーモンピンクの葉に縁取られていた

IMG_1448.jpg

ここには何も無い…
でも何にもないことのしあわせ感じる

ここにあるのは
愛と風…
昔、口ずさんだフレーズ、

いつだって、どこにだって果てしない空を風は歌ってゆくさ
虹の向こうへ出かけよう、愛が通り過ぎてゆくまえに…

素敵な歌だったんだなぁ
IMG_1382.jpg

林床には、落葉たち

IMG_1343.jpg

IMG_1327.jpg

IMG_1352.jpg

IMG_1357.jpg

さて、出発、こんな岩ゴロの道を、這うように登る
IMG_1459.jpg

今は、通る人もない、通行止めの道だけれど、行けるところまで言ってみよう。
ただ、天頂を目指そう
壊れかけた階段も、石段も、所々に風化したまま…
IMG_1469.jpg

そして、最後の詰めで、尾根に飛び出た。
IMG_1477.jpg

やせ尾根の上を先端へと…

IMG_1510.jpg

枯れ木のオブジェ
IMG_1490.jpg

そして、燕岩の露頭に出た。そこは素晴らしい眺めが待っていてくれた。
IMG_1517.jpg

IMG_1516.jpg


日原の谷
IMG_1538.jpg

ヨコズス尾根方面
IMG_1533.jpg

紅葉に染まる山肌
IMG_1518.jpg

午後になり、少し天気は曇ってきて肌寒くなってきたので下山を開始した。
IMG_1541.jpg


ふと足元の枯れ葉の中に、ウマオイムシを見つけた。
まだ、ゆっくりとだけれど体を動かしている…
こんな山の頂に、秋の里の虫がいる事が不思議だった。
そして、まだ、生きていることも…
でも、その命は今日にも消えようとしている。
おそらく今夜は越せないだろう。
「がんばって、生きたんだね」わたしは、そっと枯れ葉をかけて立ち去ったのだった。
IMG_15496.jpg

午後の陽射しに時折り燃えるような谷間の道を降りていった。
今日の山旅は、距離こそ短いけれど、とても変化に富んだおもしろい旅だった。
IMG_1548.jpg


落葉がふかふかに積もる快適な道を下りながら、満たされた気持ちでいっぱいになったのだった。
IMG_1550.jpg

スポンサーサイト

« やわらかな秋…|Top|人生の扉 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/221-74ed1ae9

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。