風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じょびちゃん(^^♪

夜来の雨が、今朝もしとど降る…
夕べから何度も天気予報とにらめっこ。
本当は今日はアイリスと秩父に紅葉を見に行く約束だった。
でも、この雨では…ネ
夕方にも主人の用事を頼まれているし、
今回はショッピングに切り替えることにした。
明日は、HPのお友だちと奥多摩逍遥の予定だけれど、
雨…止まないかなぁと空ばかり眺めていた。
ちょっと前のわたしなら、「必ず晴れます!」なんて豪語していたけど
このところの雨続きに、自称、晴れ女は、すっかり意気消沈だ。

ふと、「ヒッ、ヒッ、」とジョウビタキの声がした。
10月30日の朝に、初めて、我が家のベランダからその声を聞いた。
そして11月1日に、電信柱や、朝陽の当る電線に止まって鳴いている姿を今季初めて見る事が出来た。
昨年、週末になるとわたしを誘いに来てくれたあのジョビコだろうか?
わたしは再会の嬉しさに、慌ててカメラを取りに走ったのだった。
jyobi-2.jpg

jyobi-3.jpg


そして、それから、毎朝、ジョビコはやってきてくれるのだった。

こんな雨なのに、ジョビコが来てくれたんだ。と思ってカメラを持って玄関のドアを開けると、わたしの目の高さをすっと横切って、ジョビコはお隣の家のフェンスに止まった。
何だか本当に、去年のジョビコのような気がしてきた。
jyobi-4.jpg

後姿も素敵ね。
jyobi-5.jpg

ジョビコは、パタ、パタと尾羽を鳴らしながら囀って、わたしのことを見つめている風な仕草をした。
「かわいいね。じょびちゃん♪」
jyobi-6.jpg

ジョビコが飛び去った後、何となく雨脚が遠のいてきた。
雨が上がってくれそうな気がした。
スポンサーサイト

« 金袋山のミズナラを探して|Top|テンジンギクの話 »

コメント

ジョウビタキ

私はまだ姿を見ていませんが、声だけは聞きました。
ある日ヒッヒッと鳴いているのに気付きますけど、
海越え山越え飛んできたのですから、ほんと鳥ってたいしたものです。
ここで冬を越そう!とか、どうやって決めているんでしょう?

冬ですね。

 ジョビコ来ましたね・・・長い旅ご苦労様です。

shuさんへ

本当ですネ。遥々と海を越え、山を越え、やってきてくれるんですね。
どこかのサイトで読んだのですが、ジョウビタキの寿命はせいぜい3年だとのことです。
だとすれば、3年間は同じ鳥が帰ってくる確立はあるのですよね。
shuさんがおっしゃるように、空からこの場所を目指して降りてきてくれるなんて、信じられないような能力が備わっているのでしょうね。
鳥は凄いですね。とても愛しくて、そして、感動しますね。

びるげさんへ

びるげさん、こんばんわ(*^_^*)
冬鳥たちの季節ですネ。今年はどんな鳥たちに出逢えるのか楽しみです。
これから四月ごろまで、鳥たちを探しての週末の森歩きが始まりそうです。
また、ジョビコとのふれあいを綴って見ますネ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/216-812237d9

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。