FC2ブログ

風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海沢三滝巡り

先日、台風の翌日に出かけて、増水のため橋が落ちて通行止めになっていた海沢の滝に行ってきた。
前回、滝巡りは出来なかったけれど、それなりに楽しめたので良かったのだけれど…
あの台風の爪痕の残る壊れた林道や石ころだらけの道は、もう、ほぼ元通りに綺麗に修復されていて感心した。
先日はツリフネソウのピンクの小舟が花盛りだった林道は、薄紫のノコンギクが咲き乱れる道になっていて、わたしの心を捉えて離さないのだった。
IMG_9003.jpg

IMG_9012.jpg

IMG_9015.jpg

つい、つい、何枚も撮ってしまう。
「野菊のような人…」そんな言葉が浮かぶ
清楚で慎ましやかで、飾らない美しさ…
そんな女性になってみたいものだなぁなんて思っても無理なコト(笑)
IMG_9011.jpg


イカリモンガが、蝶のように美しい翅を見せながら、清らかなノコンギクに埋もれていた。
IMG_9028.jpg

あれほど大河となっていた沢は、いつも通りの水量に落ちついて難なくわたしを向こう岸へと渡らせてくれた。
修復された丸木の橋を渡り、わたしは登山道に入っていく。
沢筋にはカツラの樹が多い。別名、お醤油の木と言うだけあって辺りには香ばしい匂いが漂っていた。
IMG_9037.jpg

やがて滝の音が聞こえ始めて、最初の滝、三つ釜の滝が現われる。
この滝は三段になっている珍しい滝だ。広葉樹に囲まれているので、紅葉時にはさぞ綺麗なことだろう。
IMG_9039.jpg

滝壺へ降りて真正面から撮ったところ
IMG_9040.jpg

少し斜めから滝の全容を撮って見る。
IMG_9048.jpg

ひとつひとつの釜の色は、深いエメラルドグリーン。
水自体が、こんなに青い色なのかしら?IMG_9057.jpg

岩肌には、びっしりとユキノシタかしら?白い花が咲いている。
IMG_8858.jpg

次に、もう少し、登り、鉄製の短い階段を下りると、ゴウゴウと音を立てて、大岩の中をくの字に曲がるようにして落ちてくる滝が現われた。
その姿は、水際に下りて見なければ全貌は眺められない。
水の力によって大岩が、長い年月の間に削られたのだろうか?
とても不思議な形の滝だと思う。
まるで洞窟の中に滝が流れ落ちているようで、水音は、回りの岩壁に木霊して、とても大きく聞こえるのだった。
IMG_9071.jpg

ここから、一端沢筋を離れ、道は山の中を登っていく。
木の根が張り出した道を、しばらく登ると、また、激しい水音が聞こえ始める。
やがて、大滝への小さな道しるべが現われ、つづら折りの細い山道を谷に下っていくと、木々の間から、白い水飛沫を上げて流れ落ちる滝が見えてくる。
IMG_9073.jpg

かなりの落差のある滝で、滝壺に降りて眺めるとなかなか迫力がある美しい滝だった。
岸辺には大きなイロハカエデの巨木があり、秋にこの葉が真っ赤に色付き、あのエメラルドグリーンの水面にはらはらと散ったならさぞ素敵だろうかと思った。
IMG_9072.jpg

登山道に戻り、このまま登り続ければ、大岳山へ登れるのだが、わたしは、海沢への道を降りることにした。
今日の所は、ちょっとした偵察を兼ねての海沢の三滝めぐりだった。
今度は紅葉の季節に来て見たいと思った。
冬にはこの滝も全面凍結するらしい。そんな光景もぜひたずねて見たいと思いながら、わたしは帰路についたのだった。

スポンサーサイト

« 物思い…|Top|2年越しの想いが… »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/203-63cc9390

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。