FC2ブログ

風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分かりあえない…

下名栗の獅子舞を初めて見たのは昨年のこと。
篠笛のあのメロディは、わたしを遥かな郷愁の世界へと連れて行ってくれた。
遠い昔、父に連れて行ってもらった獅子舞を思い出して胸がジーンと熱くなった。
今年もまた、獅子舞の季節が巡ってきたのだ。
夏を見送るのにふさわしい獅子舞の夕べを見に行きたいと思った。
懐かしい匂いのするあの村の風情も、人も温かい…
あの感動を再び味わいたい。
幻のような父の姿に、逢えるような気がする。

でも、ダメだと言われてしまった。
どうして、行きたいのかを話したんだけれど…
一緒に、見に行こうと、誘ったんだけれど…

何度も頼んで、やっと6時の門限までに帰ることと言われた。
行けないよりはいいけれど、最後の演目がいいのにと思う。
夕闇の中に、村の人々が集い謡を歌う千秋楽は、感動ものなのに…。
自然と涙が溢れ、夏を見送る…そんな感じなのに。

ダメですか?最後まで、7時まで、見させて貰えませんか?
こんなわたしは我がままでしょうか。
どうしても、どうしても、分かり合えない夜でした。
当日までには、分かってもらえるように、もっと心を込めよう。

獅子舞の夏よろしかったらどうぞ
http://www.geocities.jp/yhwsn893/menuu/okumusasi-sisimai.html
スポンサーサイト

« 声のお守り…|Top|晩夏の森を抜けて »

コメント

たぶん…

夫婦だって「価値観の違い」なんて当然のこと。でも、それを
言ってしまうと寂しいですよね。だから「認め合う心」でカバ
ーしたい、と思う。でも、男って、みんな寂しがり屋で不器用
なのかもね。sizukuさん、6時まで… それで十分って考えれ
ばいいんじゃない。

翼さんへ

いつもありがとうございます。
そうですね。少し欲張りすぎかも知れません。
あの、獅子舞が見れるだけでも良いと思う事にします(^_^)
最近は、山歩きも許してもらっています。
今年は、春から随分、奥武蔵や奥多摩の山を歩きました。
いままででは考えられない事です。
母として、妻として、でも、ひとりの等身大の自分として、
夢を大切にしたいです。
こころからやりたいと思うことを、出来る時にやってみたい。
きっと、この年齢になったからこそ、そう思うのかもしれません。
何だか先が無いみたいな気がして…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/174-013ca82c

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。