FC2ブログ

風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるやかに・・・

楽しみにしていた連休だったけれど、台風が来ていてはどうにもならなくて、家で過した2日間。
やっと連休最終日、久々の晴れ間に洗濯や掃除の忙しい事…(^^ゞ
そんななかで、地震のニュース。たまたま外に出ていてそんなに揺れを感じなかったけれど、家の中のテレビが震度6の地域があると告げていた。
地震の事も気になったけれど、半日の仕事を終えた娘がドライブに誘ってくれた。
『おかあさん、どこにも出かけられなて寂しそうだから、ちょっとだけだけれど、秩父にドライブに行こうか?』
「うん、あなたが疲れてなければ、連れてって!」と言うことで、いそいそと身支度をした。
身支度といっても、リュックにカメラと雨具を詰め込むだけだけど…

いつもの峠越え、娘の運転も慣れたものだった。彼女のかわいい愛車、“ジーノ”も、カーブの多い山道をひた走る。
先週と変わらず、紫陽花の咲き続く紫陽花ロードは美しく、山々は、立ち込める靄に包まれて霞んで見えた。

「あっ!猿」たくさんの野猿が道路を横断中だった。
車を止めるとあっという間に山の中に散ってしまった。
「びっくりしたね。あんなにたくさんいるなんてね。」
『うん、小猿もいたよね。取り囲まれたらちょっと恐いね』
IMG_2081.jpg


長閑な里道を走りながら、時々車を止め、稲穂を渡るそよ風を感じてみる。“ジーノ”の後姿、かわいい!
IMG_2144.jpg

IMG_2167.jpg


細い野道の奥に、小さな駅、そしてその奥の山道を行くと森影にこんなお寺。ちょっと立ち寄った。
IMG_2082.jpg

お庭の紫陽花の根元には、ほうずきの実が、オレンジ色の灯りが点ってるみたいに揺れていた。
ふと気付くと、お寺の納経所から、かわいい雨傘をさした女の子がふたり、こちらを見てる。
「こんにちわ」と声をかけると、『お参りさんですか?』と聞く。
「はい、そうよ(^_^)、あなたたちは、ここの子ですか?お年はいくつ?」と尋ねると、『4歳と、2歳です。』と、答えてくれる。
ほんと、かわいいなぁ(^_^)
IMG_2109.jpg

IMG_2107.jpg

しばらく長閑な里道を走っていると、道の駅が見えてきた。
「薬師の湯だって、足湯があるよ。入ってみようか?」
わたしたちは、ジーンズの裾をたくし上げてさっそく入ってみた。
『わぁ、気持ちいいね~!』とても暖かいお湯で、見る見る足先は紅くなり、血行が良くなったって感じで気持ちが良かった。
隣に座って足湯に浸かっていた、地元のおばあちゃんとお話したり、なんとも和やかな時間が流れて行く。急がない旅、当てなど無い気ままな旅っていいなぁと思う。心も体もぽっかりと暖かくなった。
IMG_2142.jpg

足湯の回りには一面の桔梗の花が咲き、何だか不思議な想いに駆られる。『おかあさん、“桔梗の窓”の絵本を思い出すね』と娘が言う。
「そうなの、おかあさんもそう思ったところ…」
IMG_2125.jpg

IMG_2154.jpg

最後に、もうひとつ、蓮の咲くお寺に立ち寄った。
IMG_2175.jpg

IMG_2184.jpg

「でも、やっぱり、蓮は雨の日がいいね。」
『カエルもたくさん出てくるしね』
そんなことを話しつつ、娘は、こんな写真を撮っていた。

IMG_1863.jpg

IMG_1829.jpg

IMG_1833.jpg

まったり、ゆったり、娘とのカメラ旅は、緩やかに流れて行く時がとても愛おしく感じるそんな旅なのだった。
IMG_1875.jpg
スポンサーサイト

« 青い月の下で…|Top|朱夏を想えば… »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シークレットさんへ
いつも見ていただいてありがとうございます。
娘との旅を楽しめるのはしあわせなことだなぁって思っています。いつも気が合うふたりです。
カメラがあることで、また、一段と楽しみが増えました。娘とふたりだと、こんなわたしでもカメラの事を教えています。自分も半人前なんですが(笑)
でも、もう娘の方が筋が良さそうです(^^ゞ

このブログ、なかなか使いやすいですよ。いかがですか?

足湯って気持いいですよね。しかも、娘さんと一緒ならなおさらでしょう。

 我が家では、親離れが急速に進み一人の時間が増えました。

 親子の小旅行、又、綴って下さい。

びるげさん、こんばんわ。足湯、気持ち良かったですよ。戸外で、地元の人とおしゃべりしながらって何だか心の中も温かかったですよ。

そうですか。男の子って親離れが早いですよね。
それだけ独立心が旺盛と言う事で頼もしい事だと思いますけど、母親にとってはちょっと寂しくもありますね。
うちの息子も小6で完全親離れでした。
でも、一昨年、わたしが落ち込んでいた時、急に、ドライブに誘ってくれました。小6以来、初めて息子と2人で出かけました。親を気遣ってくれる年頃になったのだと嬉しかったです。びるげさんもきっとそうなりますよ。

しーちゃん、今晩は。
お元気そうですね。 娘さんとご一緒のカメラ旅、羨ましいですね。
読んでいても心が和みます。 私にももう一人こんな優しい可愛い娘がほしいですね(^_^)
そして娘さんの写真、
蓮を前にして奥に風景の写真や蓮のアップの写真も素敵ですね。 しーちゃんの写真と思ったら娘さんだったのでビックリ。 御上手になられてるんですね。
「雨樹の森を抜けて」も読ませてもらってましたよ。
まさにしーちゃんの世界、素敵な素敵なしーちゃんの癒しワールドですね。
そしてギンリョウソウのしーちゃんのネーミングにも感心しちゃった。 ユウレイソウと大違いね(^_^)

ちかちゃん、こんばんわ(^_^)
ご無沙汰しちゃってゴメンナサイ。でも、ちかちゃんの秋色の尾瀬の一人旅、拝見していましたよ。ハナさんとの道中も楽しく読ませていただきました。素敵なお友だちですネ。
娘の写真、割といいでしょう。。。えへへ、親ばかです~(笑)いつか、娘と京都に行く予定です。その時は、ちかちゃん、うちの娘とも逢ってくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/162-a33a22fe

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。