風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風待月

6月のことを風待月(かぜまちづき)とも呼ぶんですって…
とっても素敵な言葉だと思う。
暦の上ではもう夏だから、爽やかな風が吹くのを心待ちにしている風待月。

夕暮れ間近の湖のほとり。
堤防を歩きながら、穏やかに煌く湖面に見とれていた。
後から後から吹き抜ける風が、湖面を渡って小さな漣を立てていた。
わたしの髪をひゅう、ひゅうと吹き抜ける音が耳元に響く。
わたしは、立ち止まって真正面に向き直って風と向かい合った。
髪はさらさらと後になびいていく。
思っていたよりも強い風が、湖から真っ直ぐに吹いてきた。
気持ち良くって、つい、堤防によじ登ったわたし。
あなたも、笑いながらすぐによじ登ってきたよね。
わたしたちは、手を繋いだまま、風に向かって立っていた。
びゅうびゅうと音を立てて、ますます風は吹きつける。
本当に飛ばされそうになりながら、「負けないぞ~!」と風に叫んだ。
あなたも、『まけねぇぞ~!!』と叫んでいたね。
そして、ふたりで笑い転げたね。
ふたりは、こころに悩みを抱えた同志みたいだったけど、
なんとなく、似ていたよね。
楽しかったなぁ…あの頃。
もう一度、あんなふうに叫んでみたい。そして、もう一度、あんなふうに笑い転げたい。
こころの友と呼べる人…。

あの日の風は、ほんとうに、いい風だった。
あの風の中には、きっと、悪戯な天使が隠れていたんだよね。
“風待月”また、あの日の風を待ってみたいな。

IMG_9478.jpg

スポンサーサイト

« よだかの星…|Top|しあわせの黄色い花 »

コメント

逢える?

ふらふらと朧な月が見え隠れしてます。

風待月・・・
その名の通り、風流な名前ですよね。
風そのものの音はもちろん、それに揺れるさざ波や、葉擦れの音を
涼風の中で憩い味わいたい、そんな気持ちにさせてくれます。

僕も調べてみました。七月、七夕にちなみ、
愛逢月(めであいづき)・・・ですって♪
愛おしい人に逢える月、、、なんともよく言ったものですね。

大空を横たう銀河を渡り、愛しい人に逢いたい。
昔よく思ったものです(笑)

風に吹かれるって私も好きです。
7月。夏山シーズン。山頂で風に吹かれるのが
私の場合、夏山の一番の醍醐味です。

りゅうさん、レス遅くてすみません。
素敵なコメントをありがとうございます。
もうすぐ、七夕ですネ。天の星空に想いを馳せて眺めてみたいですネ。
愛逢月って、ロマンチックな言葉ですネ。
七夕の夜のことを星逢いの夜とも言うんですよ。
とっても好きな言葉です。
今年は銀河が見えると良いですネ。

shuさん、こんばんわ。レス遅くてごめんなさい。
7月の山頂で風に吹かれたい…ああ、凄くいいですね~♪
流れる雲も、青い空も、高山のお花畑も、宝石のような高山蝶や夏鳥たちも…
山頂の湖に輝くさざ波も、山頂を流れる風の中にみんな内包されているんですね。
わたしも風に吹かれて見たいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/156-62d3f108

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。