風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しの森…

やわらかな陽射しが香る朝…やっぱり、今日も山に行きたい。
あの美しい癒しの森を歩きたい。
先週、出かけたあの森へと、わたしは車窓の人になる。
早朝のバス停、他に行く人もないけれど元気に歩き出す。
楓の若葉に木洩れ日が透けて、やわらかな緑の灯火のよう…
IMG_0396.jpg


ヤブデマリの白い花が、零れるほどに咲いている。
先週はまだ、チラホラだったのに、一週間で、もう、谷のあちらこちらを埋めている。谷風のように清楚な花は5月の森に美しく映える。
そして、先週、甘い香りを漂わせ、わたしの心をやさしく満たしてくれたニセアカシア(ハリエンジュ)の白い花房は、もう、跡形もなく散ってしまっていた。あの美しい花に包まれながら谷道を歩けた幸せを改めて心に描く。ありがとう、ニセアカシアの花の精よ…
IMG_0392.jpg


ガニ沢出会いのカツラの巨樹を今日は林道の上から望む。傍に行ってみたいけれど、今日はその先の道を行きたいから、ここからあなたを見つめてゆくね。幹周りは7.1メートルもあると言う素晴らしい樹だ。
今日も日原川のせせらぎを見守って佇んでいる。
IMG_0400.jpg

IMG_0387.jpg


目印の電信柱。とっても懐かしい木の電信柱だ。まだ現役で頑張っているんだね。
IMG_0399.jpg

山藤の花が今は盛りと咲いていた。今年は里山で、随分早い時期から山藤をたくさん見た。自生している山藤がこんなに立派な房になっているのが凄いなと思う。薄紫の上品な色合い…
IMG_0405.jpg

IMG_0426.jpg

星のようなマルバウツギの花が咲いている。かわいいなぁ…
蕾も何だか小さな星みたいでかわいいね。
開いた花が一等星なら、小さな蕾は六等星ぐらいかな?
♪ぼやけた六等星だけど、思い込みの恋に落ちた…
ふふ、(^^♪スピッツの歌を思い出して口ずさんでるわたし。
IMG_0416.jpg

ヤマツツジの朱色、野茨の白、うつむいて咲くウツギノ花、そしてこの花は?マメ科の花みたいだけど、山の花だろうか?それともこんなに奥深い山なのに園芸種の花だろうか?とにかく艶やかな黄色い花だった。
IMG_0693.jpg

ノバラの大きな木があった。
IMG_0695.jpg

ジシバリの花が風に揺れてる…歌っているみたいね。
ちいさい、ちいさいお花、でも、いとしい…
IMG_0441.jpg

名栗沢のトチの木への分岐を少し過ぎた辺りで、谷川の崖の中腹に大きな白い花を見つけた。先週も見ていた花だった。何の花だろうと思って家に帰って調べてトチの花だと知った。
もしも、トチの花なら、もしかしたら巨樹があるかもしれないと思えるほど、見事に花房をたくさんつけていたのだ。
今日はそれを見極めたかった。

IMG_0710.jpg

望遠で引き寄せた。
IMG_0698.jpg


いくら覗いてみてもこの位置からでは木の根元や幹の部分を見ることはできなかった。
でもひとつの確信を持って、わたしはその土手を降りてみることにした。
砂利の多い道で、ズズッ、ザザッ、と滑り落ちそうになりながら数メートル下って、その木の根元が見える場所までいった。
「やっぱり!!」そう、やっぱり偉大な樹だった。
凄い、人知れず、こんな所にこんな巨樹があるなんて…
この樹は幹の中央部が裂けて、空洞に成りかけていた、それなのにあんなに素晴らしい花を咲かせている。
なんて素晴らしいんだろう。

IMG_0727.jpg

IMG_0734.jpg

すみません。眠くてダメです。また明日(^^ゞ
スポンサーサイト

« 6月は…|Top|渓流の畔 »

コメント

黄色いお花は

お察しのとおりマメ科の花でエニシダです(たぶん・・・)
漢字で「金雀枝」と書くようですがエニシダと読むんでしょうか?
それともまだ別の呼び名があるのかもしれません。

sizukuさん
緑一杯の山道そして、巨木いいですねー。花々にも目を奪われます。
楽しみに拝見しています。
でも夜遅くまで頑張らないで、ゆっくり書きましょう。

むじなさんへ

むじなさん、どうもありがとうございます。
やっぱり、エニシダですよね。不思議です。1500メートルほどの地点です。
昨日も行ってきましたが、この花の上の斜面にも咲いていました。
誰かが植えたとは考えられないので、自然に種が運ばれたのかも知れないですネ。

ジークさんへ

ジークさん、いつも見てくださってありがとうございます。
すっかり巨樹に惹かれてしまいました。奥日原は本当に巨樹の里ですネ。
この林道だけで6本、さらにその先の登山道には、この6本ほどではないけれど巨樹がごろごろです。多分、登山道を離れた山の中にはもっと、凄い巨樹が生き続けているかもしれません。そう思うと、ロマンですよね。ジークさんが見たいと言っていた、自然の姿のままの巨樹、もし、わたしが車を運転できたら、ジークさんをお連れするのにと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/151-ca26d772

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。