FC2ブログ

風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の命

今日は巨樹に逢いたいと思った。
わたしにとって青春の山、雲取山…
秩父の三峰山からの登山口、奥多摩の鴨沢からの登山口、そして、奥多摩湖の最奥、後山林道からの登山口から登ったことがあるが、日原の登山口からは登った事がなかった。未知のルートだ。
日原からのルートは交通の便が悪く、他の登山コースよりマイナーなルートという気がして、いままでなかなか訪れるチャンスがなかったのだ。
でも、巨樹を探すようになって、この林道の最奥にある長沢谷の登山口に見事なカツラの巨樹があることを知った時から、いつか逢いに行ってみたい…そんな想いをずっと抱き続けてきた。

雲取山の山頂付近に咲くと言うキバナコマノツメを探したいという夢もあったけれど、日原のバス停から、雲取山の登山口までは、延々と3時間半の林道を歩かなければならない。初めから日帰りでは無理だと分かっていた。
今日は、林道の途中にあるカツラとトチの巨樹を見つけながら最後に長沢谷のカツラの巨樹まで辿り着ければ良いと思った。

日原は、奥多摩を歩き始めた思い出の場所、懐かしい稲村岩や日原小学校を眺めつつ、バスを降りて林道を歩き出したわたしを、早速、緑の木々達が、迎えてくれたのだった。

IMG_0013.jpg


新緑の緑に染まってしまいそうな林道を歩きながら、右下に流れる渓谷に視線を投げる。林道を2キロほど歩いた地点、ガニ沢との出会いにカツラの巨樹があると言う。ただ、それだけの情報だ。地図を眺めてもガニ沢という地名は載ってはいない。見つけられる可能性は50%かな?後は、巨樹を見つける勘が働くかどうかにかかっている。いままでの巨樹探しでなんとなく分かったコトだった。
巨樹って勘が冴えてないと絶対見つけられないのだった。

そろそろかな?そう思ったとたん、眼下の川岸に大きな樹の姿を見つけた。「あっ!あれかな?」と思うと同時に、「やった、見つけたわ!」という確信がこころを占めた。白波を蹴立てて逸る川岸に、どっしりとその樹は立っていた。
どこから降りようかな?と見渡しながら苔むした岩がごろごろ転がる斜面を降りていった。

IMG_0342.jpg


カツラという樹は水辺を好むのだと言う、根元から数メートル立ち上がった部分から何本もに分かれて幹が伸びて行く独特の樹形をしていると思う。逸る気持ちで根元に辿り着いて見上げると、緑なす美しい姿だった。

IMG_0349.jpg


裏に回って驚いた、その根は大岩を掴んでいた。

IMG_0351.jpg


そして、根元には、深い紫色のラショウモンカヅラの花が寄り添うように咲いていた。谷川のせせらぎを、涼やかな谷風を聞いているかのように…

IMG_0345.jpg


渓谷は大岩が重なり合い、清らかな流れが白波を蹴立てて流れて行く。
柔らかな木洩れ日とマイナスイオンに癒される。
わたしは、ぴょんぴょんと岩から岩へと渡り歩いた。
美しい黄色い胸のキセキレイが、やはり、岩を伝い歩いていて思わず笑ってしまった。

IMG_0353.jpg


なんだろう?木の枝に泡が付いていた。モリアオガエルの卵だったりして?まだ見たこともないのに、かってにそんな気がするなんて思って写真を撮った。でも、手振れ…(^^ゞ

file/IMG_0365.jpg" target="_blank">IMG_0365.jpg


ずっとこの谷にいてもいいくらいだったけど、まだ先は長い、わたしは、ガニ沢のカツラの樹に別れを告げて林道へ戻ろうとした。
すると、この巨樹へ降りてくる細い道が左の斜面についていることが分かった。「なんだ、こんな道があったんじゃない(^^ゞ」わたしは巨樹に気を取られていて、回りを良く見ていなかったらしい。
帰り道は、歩きやすい道を辿って林道へと戻ることが出来た。

林道を登りだすと、青い空に白い雲、緑の山々が初夏の陽射しに輝いてこころは軽くなっていくのだった。
IMG_0234.jpg


谷川沿いには、ニセアカシアの花が咲き誇り、甘い香りが当たり一面に漂っていた。この花が咲く道を歩いてみたいと思っていたから嬉しかった。何ともいえない良い香り…そして清楚な花姿…
山藤もまだ、綺麗に咲いていて緑の山肌を紫のフジとニセアカシアの白い花が所々に咲き染めていた。

続きは、また明日。
IMG_9933.jpg

スポンサーサイト

« 木洩れ日の森|Top|星を見上げて… »

コメント

枝についた泡の正体は・・・

私も子どもの頃からよく見かけていますが、その頃は蛇の唾だなどといって脅されたことを思い出します。
草の茎などにも良く付いていますが、この歳まで正体が分からずにいました。
ネット検索に掛けたところアワフキムシの幼虫が身を隠す為に作った泡だそうです。
モリアオガエルはもっと大きな塊です。
と言っても私もモリアオガエルの卵塊の現物を見たことはないのですが(笑)

sizukuさん 楽しい巨木探しだったようですね!
道なき所を下るなんて、私が一緒だったら降りなかったでしょう。若くてうらやましい。

むじなさんへ

むじなさん、どうもありがとうございます。アワフキムシですか。どんな虫なんだろう?
ネット検索してみますね。
そうですよね、モリアオガエルの訳ないっかぁ(^^ゞ
むじなさん、6月ですネ~♪ほ・た・る ですねぇ~♪

ジークさんへ

ジークさん、読んでいただいてありがとうございます。
いつも無茶してるようですが、そんなに危なげなところを降りている訳じゃないから大丈夫ですよ。ご安心くださいね(^_^)
ジークさんも尾瀬に早く行けるといいですネ~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikyounomado.blog65.fc2.com/tb.php/147-5df02bee

Top

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。