風に吹かれて

風に託すのは遠き夢 風に囁くのは儚き恋 風は形のない遠い記憶…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ブログへの移行のお知らせ

いつも、このブログ“風に吹かれて”にいらしてくださいましてありがとうございますm(__)m
この、“風に吹かれて”を綴り始めて、ちょうど、一年あまりですが、この度、管理画面に入れないというトラブルが起きました。
幸い、F2ブログのサポートセンターに問い合わせたところ、入れるように直していただきましたが、新しいブログを立ち上げてしまいましたので、愛着がある“風に吹かれて”ですが、閉じることにしました。
今後は、新しいブログ“SAMEDAY”に、綴っていきますので、そちらに訪ねていただけると嬉しいです。
これからも“風に吹かれて”同様に、引き続き>“SAMEDAY”も、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

IMG_6062.jpg
スポンサーサイト

夜の雪…

今夜は積りそうです…
しんしんと、ただ、深々と降っています。
雪って、どうしてこんなにも、心をくすぐるのかしら?

「ゆきみたいね…」
「うん、あなたと、一緒にみたいね…」
あれは、遠い日の約束。

あなたの窓辺にも
雪は降り積っていますか?
物語の続きを紡ぐように…

IMG_5398.jpg

アイリスの鳥見日記

今朝は、良く晴れた青空に、奥多摩の山々は真っ白だった。
ザラザラに凍った道路を、ザクザク歩きながら、「山に行きたい…」と思った。
だけど今日は、月曜日、仕事はたっぷりたまってるだろう…
って、ことで、アイリスに、「もし、良かったら、今日、森へ行ってごらん。鳥がいっぱい出てるはずだから。」と言い残して出かけてきたけれど。

案の定、忙しくて、2時間の残業になってしまった。
でも、家に帰ったら、アイリスが、夕飯を作ってくれている最中だった。
「ごめん、遅くなって。今日は何を作ってくれたの?」
『今日は、お豆腐とひじき入りのヘルシーハンバーグと、ポトフと、水菜とにんじんときゅうりのゆずドレッシング和えだよ。』

「わぁ、おいしそう!おかあさん、助かっちゃうわ♪」と、わたしはニコニコだった。
アイリスは、手を休めずに話を続けた。『今日、午後からだけど鳥を見に行ったのよ。
モズとセキレイぐらいには逢えるかなと思って行ったけど、結構、逢えたのよ。
まず、川に着いたら、早速モズリンが迎えてくれたの。畑に置かれたトラクターの上に止まって、また、小首をかしげていたわ。かわいいなぁって、思ったわ。
その次は、セキレイたちよ。ハクセキレイに、セグロセキレイが、畑で、仲良く餌を探していたの。そしたら、そこへ、ピピピピって、鳴きながら、横っ飛びに舞い降りた鳥がいて、双眼鏡で見たら黄色いキセキレイだったのよ。畑に残った雪に、その黄色が映えて綺麗だったわ。
3羽仲良く、チョコチョコと歩き回って、尻尾をぴょこぴょこ振って、酔拳トリオって感じで可愛かったよ。
20080204155658.jpg

川には、マガモもコサギもいなかったの。何だか水が濁っていて、ぜんぜん底が見えないの。
だから、きっとカワセミもコサギもマガモもいなかったのかしらね。

あの、カオグロガビチョウを見た林には、ツグミとヒヨドリがいたんだけれど、その奥に、ちいさな鳥がいると思ったら、シメだったの。シメって何だかとっても賢そうな顔をしてるよね。
色合いもシックで、大人っぽいね。メスはもっと鈍い色合いって書いてあったけど、どんな色なのかな?そうそう、カシラダカも、1羽いたのよ。ミヤマホオジロかなと思ったけれど、お母さんのお友達に教えてもらったように、顎の線がはっきりしてたし、胸に、点々が、いっぱいあったから、カシラダカだと思うの。頭の毛も立ってて可愛かったよ。初めて、近くでよーく見れたわ。

そのあと、梅の木に、オナガも数羽やってきたのよ。寒かったから、胸の羽毛を膨らめてその中に、あの綺麗な濃紺の頭を埋めていたの。その姿が可愛くて堪らなかったわ。
オナガって、飛ぶ時に、あの長い尾を、扇みたいに広げて、ふぁっ、ふわっと飛ぶのね。
その飛び方が、本当に綺麗で、好きだなぁって思ったの。
20080204160753.jpg


それとね。スズメがね。まるで天使のように舞い降りてきたのよ。
30羽近くいたと思うのだけど、雲の間から冬の光が差してるような光景の中に、くるくると渦を巻くように、降りてきたの。そして、また、いっせいに、渦を描きながら、空に舞い上がって行ったの。何だか、天使のようだなぁって思えたのよ。

その時ね。空は厚い雲に覆われていたけれど、山の上は、何とも言えないほんのりとオレンジ色になっていて、とっても綺麗だったの。携帯で撮ったけど、上手く撮れなかった。
20080204163812.jpg


霙のような冷たい雨が降ってきちゃったから、そこまでで、帰ることにしたの。
そしたら、なんと、また、ゴイサギが飛んできて、そのまま川の中に舞い降りたのよ。
今度は、周りも明るかったから、よーく見れたわ。赤い眼をしていたし、頭の白い冠羽も見れたし、何だか、ペンギンみたいな感じに見えたわ。やっぱり、あそこに住んでいるのね。
ちょうど、4時半の出来事だったわ…』
20080204162852.jpg


瞳を輝かせながら、嬉しそうに話すアイリスの言葉は、心地よくわたしの心に響き、その瞳の喜びは、まるで、自分で見てきたように嬉しく映るのだった。

もう、アイリスは、きっと一人でも鳥を見に行くことだろう。
これからも、また、アイリスの目を通してみた鳥たちの話を聞くことが出来そうだと思うと楽しみになるのだった。

今日のブログは、『ちょっと、ぼけてるけど、わたしの携帯で撮った写真だよ』と、アイリスが送ってくれた写真で綴ってみました。

雪の休日…

今日は、節分、そして明日は立春。
暦は春を告げているけれど、昨日は関東甲信越地方にも大雪が降った。
大雪といっても、雪国の人から見たらたいしたことは無い積雪量だけれど、
雪の無い地方にとっては、十分、大雪なのだった(笑)

わたしは、長女の所へ行く予定だったが、『おかあさん、こちらは凄く降ってて危ないから今日は止めておいたほうが良いよ』と、電話が来た。
楽しみにしていたので、ちょっと残念だったけれど、事故を起こしたりしたら、お互いに嫌な思いをしてしまうからと思って、来週に延期したのだった。

雪を見に行こうかな?鳥を見に行きたいな…なんて、思いつつも、家の周りの雪かきをして、昼食の支度が終わる頃には、もう、霙に変わってしまった雪…
「あぁぁ、どうしようかな?」って思ってるうちに、時間が過ぎてしまい気持ちが向かないままダラダラと過ごしてしまった。
せっかくの雪景色だったのに、休日を無にしてしまったみたいで悲しかった。

「こんな日も、あるさ」と、窓の外の雪景色を眺めながら、自分を慰めた一日だった。
IMG_5290.jpg

こんなに積った綿帽子…
IMG_5294.jpg


窓辺の花も物憂げに…
IMG_5311.jpg

早春の里山ポタリングオフ 《アップのお知らせです》

2007年、早春のポタリングのレポを書き上げました。昨年の話です(汗)
途中まで書きかけのまま、ずっとほったらかしになってしまっているレポがいくつかあり、
このレポもそのひとつでした。恥ずかしくなるくらい前のお話で恐縮ですが、
せっかく、途中まで書いたのだし、お友達との楽しいポタリングの記録だしと言うことで
もう、忘れかけた記憶を辿って続きを書きました。
春がまた巡り来る前になんとかアップできました…(^_^;)
よろしかったら、下記のURLから、ご覧になってくださいm(__)m 

     カタクリの里  早春のポタリングオフ
IMG_4842.jpg

Top|Next »

HOME

桔梗(sizuku)

Author:桔梗(sizuku)
ブログ“風に吹かれて”へようこそ!
日々の想いや、懐かしい思い出などを綴っています。
山や森や里山に身を置き、心を遊ばせて
鳥や蝶や、小さな草花に日々癒されている
そんな、管理人です。
どうぞよろしくお願いします。
☆管理人のホームページ:Sizuku ONLINE よろしければどうぞ)

アクセス解析

お好きな曲を選んで 下のClickを押してくださいネ♪ BGMが流れます。

©Plug-in by PRSU

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。